【DQW-武器】常闇のやりとグレートアックスの有能性 | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQW-武器】常闇のやりとグレートアックスの有能性

【DQW-武器】常闇のやりとグレートアックスの有能性
【DQW-武器】常闇のやりとグレートアックスの有能性

【DQW-武器】常闇のやりとグレートアックスの有能性

以前にグレートアックスの有能性とガチャ確率に関して記載したけど、

常闇のやりの有用性と…しつこくグレートアックスの有用性について。

 

常闇のやりは個人的には非常に好きな武器で、

理由

として、

  1. 一閃突きが使用可能
  2. 全体高火力所持
  3. 単体火力とくぎも所持
  4. (メタル系があまり見かけない枠に変更)
  5. 月影の大鎌のモーションが短い😇

 

上記の1と2(と4)を見てもらえればわかるように、レベリングに最適解である。

メタル系があまり見かけない枠に昇格したことは賛否ある(個人的にはクソ😭)ものの、常闇のやりを所持していることで、

倒すチャンスがある“ことは非常に大きいと思う。

 

ついでだけど、

月影の大鎌のモーションが短いのはレベリングでは地味にでかい

 

※1 出現頻度は依然として低いままでそこまで影響はない(というか枠が変わっただけで出現頻度はあがっていない?)
※2 普通の武器を所持していると倒すチャンスがほぼないため、せっかく出現したのに…というストレスがあるが、まじん斬りによる倒せる可能性があった上で逃げられるのではストレス度合いが異なる。

常闇のやりとグレートアックス比較

※限界突破を”フルにできる”なら常闇のやりの方が(多くの状況で)強いです

太字スキルが主軸になるとくぎ

同一点

  1. 攻撃力はほぼ同等
  2. 一閃突き・まじん斬りは会心狙いで同等

差異点

  1. 単体攻撃とくぎの威力と効果
  2. 全体攻撃とくぎ攻撃力の違い

1.単体攻撃とくぎの威力と効果

退魔突きが単体ドルマ属性270% 鉄甲斬が単体無属性210%(+守備減)

サブとくぎである退魔突きの攻撃力が高い

威力だけでみると単体火力トップには劣るものの、メインとくぎである、

月影の大鎌という全体とくぎを持ったうえで、

この攻撃力は破格

さみだれ斬りで280%・ゴッドスマッシュで300%と比べてもらえれば威力の高さがわかる。

 

グレートアックスの悪(くなった)点

今までのDQWは間違いなく物理攻撃偏重だった。

攻撃と同時に防御ダウンを行える鉄甲斬の活躍場面も多かったと思う。

ただ上級職である賢者(たまに魔法詠唱*2回)が誕生したことで、魔法攻撃の地位が飛躍的に上昇。

現時点で単体高火力となるとドルモーアとメラゾーマの2点だけだが、今後、単体高火力呪文が増えれば増えるほど、

戦闘における魔法のウェイトが増加するため、

防御力減少の効果も必要性が下がっていく。

 

2.全体攻撃とくぎ攻撃力の違い

言わずもがな、常闇のやりの月影の大鎌の威力は高く、龍牙疾風拳(黄竜のツメ)・ギガスラッシュ(ロトの剣)とほぼ同等の攻撃力

(ゴリラ的)1本は持っておきたい武器の1つなのである。

もうこれは常闇のやりが強いことは明白であるため、

 

グレートアックスの強さについて再言及
  • ギガスラッシュ(全体230%-ロトの剣) ←限定
  • 龍牙疾風拳(全体245%-黄竜のツメ) ←限定
  • 月影の大鎌(全体245%-常闇のやり) ←限定NEW
  • メタルブロウ(全体200%-メタルウィング) ←限定NEW
  • 断空なぎはらい(全体200%-ドラゴンロッド) ←限定
  • オノむそう(全体190%-グレートアックス)
  • 超ぶんまわし(全体170%-天空のつるぎ) ←限定
  • シャインスコール(全体160%-ツインスワローなど)
  • しんくうげり(全体150%-やしゃのこん等)

 

ほら強い

 

この記事の冒頭にもあるけど、前回記事でガチャ確率もやってるし、これ以上は書かないものの、

SP装備で重ねられるかつ無属性、重ねるまで時間はかかるものの、

無課金・微課金の味方なのは間違いなくグレートアックス

グレートアックスが出たら

  1. レベリング用に複数育てるのもありだし、
  2. 重ねて期間限定武器を蹴散らすのもあり!

みんなでグレートアックスを育てよう!

 

余談(常闇のやりの悪点)

攻撃手段が、実質ドルマ属性しかないため、ドルマ耐性持ちがいたら詰む。