【DQW-雑記】ゴリラの拳 | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQW-雑記】ゴリラの拳

【DQW-雑記】ゴリラの拳
【DQW-雑記】ゴリラの拳

【DQW-雑記】ゴリラの拳

20XX年、世界は謎のウイルスに包まれた!
海は枯れ、地は裂け、あらゆる生命体はウォークできないかのように見えた。
だが、ゴリラたちはウォークをあきらめていなかった!

 

国家が機能を失い、ウォークがすべてを支配する世界となった大地で、
一子相伝の暗殺拳ゴリラ神拳伝承者 森のゴリラ
かつての親友でカッパ聖拳の継承者 脱稿のかっぱ
よって七つの疵を胸に刻まれ、将来を誓い合った許嫁のゴリ子を奪われる。

 

元は暴力を嫌う心優しい性格だった
森のゴリラ
だが、冷酷なウォークの鬼となり
路上を容赦なく歩いて行く

旅の途中で出会ったワオキツネザルペンギンを連れて、
旅を続ける森のゴリラは京都を支配する
「KYU-RI」を束ねる因縁の脱稿のかっぱと再会し、
死闘のウォーク(歩行距離)の末に倒すが
ゴリ子転落死を遂げたと伝えられる。

 

旅中でカッパ六聖拳の伝承者たち
出会う森のゴリラはときにかけがえのない親友として、
ときに強敵(とも)として戦いを繰り広げる。

そんな中、
森のゴリラを騙って暴虐の限りを尽くす
シカゴロウを皮切りにかつての伝承者候補だった
3人の師兄たちの生存を知る。

 

中でも、森のゴリラにとってかけがえのない恩人で、
真の継承者としてゴリラ神拳を受け継ぎ、
医療に役立てるはずだったゴリの消息が気がかりとなっていた。

監獄都市バナナランドで囚われのゴリを奪還した
森のゴリラだったが、
ゴリ森のゴリラゴリ子を守るために
ウイルスに罹患した影響から歩行困難となっていた。

やがて、
長兄にして森のゴリラ最大のライバルである
クマゴロウが拳王軍を率いて現れる。

世紀末ウォーク王を目指す
クマゴロウは自らの歩行力を背景として、
ゴリラウォーク戦争後の混乱に終止符を打とうと目論んでいた。

 

そして、カッパ六聖拳の最後の将
でその実生存していたゴリ子を手中にすべく
彼女を護るカッパ五車星の戦士たちを次々に倒していく。

クマゴロウの実弟ゴリも戦士としてクマゴロウに死を賭した戦いを挑むも敗れる。

ゴリの導きゴリラ神拳究極奥義「無想転生」
を会得した森のゴリラは激闘の末に

クマゴロウを歩行距離で圧倒し、
余命の短いゴリ子とささやかで平穏なウォークをする。