【雑記】ゴリラでもわかるブログ(WP)の作りかたVer1.0!

【雑記】ゴリラでもわかるブログ(WP)の作りかたVer1.0!
【雑記】ゴリラでもわかるブログ(WP)の作りかたVer1.0!

【雑記】ゴリラでもわかるブログ(WP)の作りかたVer1.0!

本日はゴリラでもわかるブログ(ワードプレス)の作りかたを説明!

特にプロでもなんでもないため、不備があったらごめんだけど、だいたいなんとかなるはず。

 

ゴリラ能力

中学生の時に独学でhtml(とcss)を学んだ

最初に

今回のタイトルはブログとワードプレス(以下、WP)を混同して書いてるけど、

実際には異なる

 

簡単な違いを書くと

(レンタル)ブログ

・登録さえすれば本当に簡単に記事が書ける

これはレンタルブログはほんとうに楽、すぐに書ける。

加えると、最近のレンタルブログは初期テンプレートもオシャレなものも多く、とりあえず日記や情報発信をしたいという場合、これほどのものはない。

・検索にひっかかりやすい

ドメインが強力で検索に引っかかりやすい。

ゴリラも、このワードプレスを始めた当初ははてなブログで開設。そこから現在の形に移行したのだけど、1部記事は過去のはてなブログの方が検索に引っかかっている。

余談だが、もしブログを開設するなら、個人的にははてなブログをオススメしたい。

 

ワードプレス

・カスタムデザイン性が非常に高い
カスタムの幅はブログより非常に高い。
さらにホームページと較べ、日々の投稿(更新)が非常に楽なため、ブログのライバルとして台頭してきた。
ただ、デザインをカスタムするためにはある程度のhtml(CSS)の知識が必要。

・ブログより初期の手間がかかる
ブログに比べ、レンタルサーバーの登録、どうやって使うのか慣れる必要がある。
使用方法はすぐ慣れるが、デザインを考え始めると選択肢も膨大にあり、わりと沼化する。

なにせレンタルブログに比べると手間ではあるが、
ホームページについて少しだけ後述するが、WPはホームページ更新の手間をなくし、デザイン性能も高めたいいとこどりのシステムなのである。

 

余談:ホームページ

・カスタマイズ性は最大
・デザインするために割と知識が必要
・更新がちょっとめんどくさい

過去にホームページをつくっていたこともあるが、日々の更新がちょっとめんどうなのである。

 

(手順1)WP:レンタルサーバーを借りる

ゴリラはXFREEさんからサーバー借りています。

-参考-


 

①ログイン

②お申込み

 

あとは登録してどうぞ

 

(手順2)WP:ログイン

登録が完了すると、会員IDが送られてくる。

メールはきっちり保管して、IDを忘れないようにすること
管理方法はどうかと思うけど、ゴリラは写真で撮ったりも

XFREEのログインページ

最終的に、WPをインストールして記事を書いてしまえばそんなに使うことはないが、念のためお気に入りにいれておくことをオススメします。

激注意

届いた会員IDを入力しログインボタンを押すと、

サーバーIDの登録があり、
このサーバーIDは、
WordPressやWebサイトURLの一部として利用される

サイトの住所として使用されるため、しっかり考えてつけよう。

※ゴリラの場合は”goridqw”です。
元々DQウォーク用に作成したため、このIDに笑

 

(手順2)WP:WPのインストールと管理ページへ

①利用を開始するボタンをクリックしWPの利用を開始

 

 

②左上の無料レンタルサーバーをクリックすると、下記の画面にうつる

③管理ページへログインをクリック

 

④インストールボタンをクリック

 

⑤下記を入力

1.WordPressID:”ワードプレスへのログインID” 必ず覚えておくこと
2.ブログタイトル:あとで変更可能
3.メールアドレス:必ず覚えておくこと、何かあったら時用

次へ進むをクリック

⑥インストールを確定

 

(手順3)WP:登録完了&覚えておくこと・すること

登録が完了すると、以下の画面が表示される

このページからパスワードをコピペするため残しておくこと

ブログURL:表示してお気に入りに登録

管理ユーザ:ワードプレスへのログインID(忘れるべからず)

パスワード:あとで変更するが、このページを消さないこと

 

これでほぼ準備は完了だが、最初に登録されているパスワードから変更しておきたい。

まず、ワードプレスのダッシュボード(編集ページ)にログインし

ログインページアドレス:http://サイトURL/wp-login.php

↑サイトのアドレスに上記、黄色マーカーをコピペすればok↑

 

ログインできたら、

下記のページを参考にパスワード変更しておきましょう。

-参考-

 

再度、ログインページへ戻り、

IDと変更したパスワードでログインできるかチェックし、出来らたOK!

 

最後に

ここまででレンタルサーバーのレンタルとWPの設置は完了!

次回の記事はWPのカスタマイズについて紹介します。