魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【雑記】ゴリラの新卒時代やらかしや、やばかったこと

【雑記】ゴリラの新卒時代やらかしや、やばかったこと
【雑記】ゴリラの新卒時代やらかしや、やばかったこと

【雑記】ゴリラの新卒時代やらかしや、やばかったこと

懐かしきゴリラの新卒時代

夢とやる気にあふれて勤務していた頃についての完全雑記

 

職種

教育業

 

当時の振り返り

結構黒い会社だった

休日に社内行事があったり、本社はゴリゴリの体育会系で構成されていた。

幸い関西圏は部長が非常に良かったため、体育会系の文化はなく、人間関係も良好な場合がほとんど。

給与については、基本的に能力があればゴンゴン昇進、または給与の上昇が見込めるがが、運が悪いと(担当する地域で既に悪評が立っている&競合が非常に強い場合)、どうやっても売上が増えないため、昇進はできないし、給与も上がらない。

 

※1 教育業の中での給与水準は並より上かな?教育業界ではよくあるが休日はもちろん少ない
※2 昇進も早いが降格も早く、管理職になった瞬間から絶望的な激務になる

良かった点

-ゴリラ目線-

  1. 教育業だから女性が多い
  2. 暇なときは暇
  3. 男女の噂が流れてきて聞いている分にはおもしろい
    (後述している内容を見てもらえればゴリラは見向きもされていない)

-終-

 

教育業だから女性が多い

男性からしたら割とビッグポイント(逆にしんどい場合もあるが)

ゴリラ目線ではあるが、社会人になるとそもそも女性と出会う機会が少なく、業界によっては比率が9:1なども。

社内恋愛に発展すると大事故に発展する場合も多々あるため行動は慎重に。

 

暇なときは暇

暇なときは暇なのである。

拘束時間は長いが、必須業務さえ終わらせていればサボれる。

サービス業ゆえ、どこまでやらないか決めないと、度を超えたサービスの提供となり自分のクビを締めることになったり、後任が大変な思いをすることになる。

 

男女の噂が流れてきて聞いている分にはおもしろい

男女比がある程度均等だと、やはり社内恋愛は色々なところで起こる

基本的に何もしていなくとも噂はめぐってくるため、聞いている分にはおもしろく業務効率を上げてくれる

 

 

ゴリラのやらかし・やばかったこと

研修直前編

・前泊でガールズバー事件

研修前、ゴリラは実家に帰っておりド田舎、そのため本来は当日出発が原則だったが、前泊が許される。

ただ、宿泊地のすぐ隣が飲み屋街でガールズバーへ突入、この話をポロリと漏らして叱責される事件

その地方の方言を聞きたくて飲み屋に行ったのに、

女の子が方言を使わないので行き損&叱責された悲しい事件

 

・社訓を覚えていない事件

研修までに社訓を覚えなければならなかったが、入社書類を読んでいなかったため当日のバスで一人延々と覚える作業。

近くの席の子たちから熱い視線をもらう事件。

 

研修編

・スーツ破壊事件

最初のオリエンテーションにて運悪く下位2位となり罰ゲームとして競争。

盛大にコケて初めて着たスーツを破りお釈迦にする事件

この時、負けを覚悟したが、もう1名も盛大コケたため、無事勝利する運の強さを発揮した。

 

水泳事件

3月の海で50m程の距離を水泳

溺れて意識が朦朧となり役員に介抱される。

スーツ破壊事件と合わせた、この2大事件のせいで同期の社員からは、コケて溺れた人として有名になった事件

ゴリラの夢と希望に溢れた新生活は幕を閉じた

 

OJT編

GWに提出された宿題をすっぽかし事件

ふつうに忘れていた事件

 

ゴリラ1人だけ正式配属が遅れて色々な噂が立つ事件

ゴリラの配属先に色々と問題が起こっていたようで、ゴリラの配属が遅れる

ただ、社内の人事は(漏れることがあるものの)基本的に本社からのみの通達で、情報が下の方まで降りてきていなかった

おかげでゴリラだけが新卒最後の配属&圧倒的な遅れがあり、やっぱり…となった事件。

実務編

自己紹介メールを社内全体メールで送信事件

自己紹介メールを全社員へとメールで送った事件。

これはゴリラのミスではなく部長がゴリラをおもちゃにした結果だったが、ゴリラのヤバイ度がさらに上昇することとなった。

 

・入社して2か月目、顧客のクレームが役員対応にまで発展

ゴリラへのクレームがあまりにしつこく、ゴリラの拠点を超えて役員にまで届く。

無事解決できたあったかい事件

 

・調子が悪いことを薬で騙し騙し出社していたが予想以上にやばく、軽い手術してから出社

のどの調子が悪く、内科にかかるも、一向に治らなかったため、評判の耳鼻科へ。

耳鼻科の先生より大病院を紹介してもらい受診すると入院を勧められたが、社畜のゴリラは出社を優先。

仕方ないので、その場で同意書にサインし、簡単な切開手術と抗生物質の投与。

そこからも抗生物質の投与を続けながらの出社を続け、無事完治した。

セカンドオピニオンの重要性を実感した事件

 

・社内BBQに自転車で向かう事件

社内の懇親会でBBQが行われ、距離が近かったこともあり(自転車30分ちょいの距離)、田舎育ちのゴリラは自慢の健脚を披露できる自転車で向かった。

もちろん自転車で来ているものなどおらず、その後の移動手段が自転車になったことで飲み会参加が遅れるという事件

 

・社内運動のフットサルで病院へ事件

ゴリラは過去に気胸を患っている&日頃の運動不足が大前提にある。

そのような状態でいきなり急な運動をすればどうなるかというと、やはり体がおかしくなるのである。

ゴリラはマネージャーと一緒に病院へいくこととなった。

運動は大事だと認識した事件

※その後出社はしました★ミ

 

・肋骨にヒビ事件

この頃になると、ゴリラの病弱ぶりは既にエリア共通の認識となっており、病弱なゴリラとして仕事をしていた。
※実際、現在の体重と較べると8kgも痩せておりやばかった

“くしゃみの度に胸が痛いんですよ~”と課長に相談するとすぐに病院に連れていってくれ、肋骨にヒビが入っているとの診断をうける。

上司があったかいことを認識できた事件

 

最後に

いろいろあった

最初は仕事がクッソ遅いし、他の人より理解も遅いから、先輩に死ぬほど質問して嫌がられたりとかもあったけど、なんだかんだ最後まで教えもらったり、いい人に恵まれた職場だった。

おかげで仕事もダンダン早くなって、最終的には定時帰宅のゴリラと呼ばれるほどに。

 

教育業界自体は、基本的に休みが少なく、教育という側面上、対人関係のストレスがどうしても溜まりやすい。

もちろん休みが多い企業もあるが、いまからこの業界を志望している人はある程度覚悟を持った方がいい

ただその反面、昇進・昇給スピードの速さがある(これはたぶん、聞いた限りではサービス業に多い)。

 

あとゴリラの会社は評価項目が多かったかなぁ。

成績が給与に響くから、いろんな項目から評価してくれるのはやりやすかったかな。

 

余談

今回はやばかったことを中心に書きましたが、いいこともありました(えらい人と麻雀してロンしても怒られなかったり)。

結局は会社や所属している人たちとの相性なので、いくら良い会社でも合わないこともあるし、微妙な環境でも意外と居心地はよかったりと、入社してみないことにはわからないことも多いです。

居心地が悪くても給料がいいから我慢できたり、給料はあまりよくなくても、環境がいいだとか、人によって物差しは色々あるかと思いますが、後悔しない選択をしましょう。