【DQ10-雑記】占い師のタロットってどのぐらいのパックが必要? | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】占い師のタロットってどのぐらいのパックが必要?

【DQ10-雑記】占い師のタロットってどのぐらいのパックが必要?
【DQ10-雑記】占い師のタロットってどのぐらいのパックが必要?

【DQ10-雑記】占い師のタロットってどのぐらいのパックが必要?

エンドコンテンツについての現状記事を書いたが、引き続きエンドコンテンツにどういう職で乗り込むか考えている。

-過去記事-

 

※ちなみに過去にワオキツネザルも占い師記事を書いている

 

そこで今回、第一の矢が立ったのが占い師

むろん、僧侶、賢者、魔法戦士など、活躍の多そうだと予想はしているものの、“タロットの製作のめんどくさいこと” + “一人でなんでもできる” + “防衛軍、邪神で活躍できる”などを考慮した上で、占い師について調べてみた記事。

※占い師はたぶん強いし活躍できる、ただ事前準備がかかるから早めにやっておいたってこと☆ミ

 

占い師についてしってること

  • 範囲蘇生+回復
  • ・単体攻撃+範囲攻撃
  • バフ + デバフ
  • タロットの作成がめんどくさい
  • 弓キラキラポーン or 片手剣で盾 装備
  • スペルガード

 

できることはなにせ多い

 

範囲蘇生は8人PT構成では死ぬほど強く、さらに範囲攻撃。

加えてバフ、デバフも行える。特にデバフの幻惑や睡眠は、陣として発動するため、陣の上さえいれば複数体に効果が及ぶ。また眠り自体が、魔法使いのラリホー、道具使い、スーパースターのラリホーマと、なかなか睡眠デバフを使える職業も多くはない(ほかでは短剣スリープダガーなど)。

攻撃力も、低レベルでも範囲で500以上のダメージを与えるなど、なにせ便利(最大火力はボチボチ…イメージだけど)。

 

 

どのエンドコンテンツに行けるのか

-参考:ドラクエ10極限攻略データベース様-

 

ドラクエ10極限攻略データベース様によると、

  • ・メイヴ
  • ・レギルラッゾ
  • ・ダークキング
  • ・その他モロモロ

 

メイヴレギルラッゾで活躍が見込めそうなので、とりあえず今回の日記では、まだ倒したことのないレギルラッゾに焦点を当てて検討していく。

 

対レギルラッゾ用デッキ

-参考:ドラクエ10 ラグナのブログ様-

ラグナのブログ様を見ると、

  • ・スイーツトロル*1枚
  • ・レジェンドホース*2枚
  • ・スウィートバッグ*5枚
  • ・バラモスゾンビ*1枚
  • ・バラモスブロス*1枚
  • ・キングヒドラ*1枚
  • ・マッドスミス*2枚
  • ・ミケまどう*2枚
  • ・ヘルバトラー*2枚
  • ・ネクロバルサ*2枚
  • ・グラコス*1枚

上記の合計20枚

※詳細についてはラグナのブログ様をご覧ください

 

今回の記事では、

上記のデッキ

完成を目指す。

 

見るからに合成が大変そうなモンスターたちが溢れている。

まず彼らの合成手順について。

 

作成手順

ここで作成手順を文章で示した理由は、ベースとなるカード数の抽出用

ノーマルカードはすぐに出るから問題はないが、次項目で説明する、レア、超レアの出現率の低さから、このレアと超レアがどの程度必要か確認。

先に合計数を記載しておくと、

レア :合計18枚

  • ガネーシャエビル:4枚
  • ・メイジキメラ:3枚
  • くさった死体:3枚
  • ・ベンガルクーン:5枚
  • ・セルゲイナス:3枚

 

超レア:合計9枚

  • ・おどるほうせき:7枚
  • ・キラーマシン:1枚
  • ・ガーゴイル:1枚

上記枚数が必要となる。

 

後述するが、ピンク文字のタロットが出にくかったり、専用パックではないと出現しないため、合計枚数よりこちらがどれだけ早い段階で出現するかで作成難易度が変わってくる。

 

※1 レア:ガネーシャエビル・メイジキメラ・くさった死体・ベンガルクーン・セルゲイナス

※2 超レア:おどるほうせき・キラーマシン・ガーゴイル

※3 トロルキングは超レア枠だが意外と集まるため除外

スイーツトロル*1枚

スイーツトロル←トロルキング

レジェンドホース*2枚

レジェンドホース←スターキメラアスタロト

スウィートバッグ*5枚

スウィートバッグ←おどるほうせき

バラモスゾンビ*1枚

バラモスゾンビ← ベリアル + マッドスミス

■マッドスミス← リビングデッド + くさった死体

■ベリアル← ミケまどう + ヘルバトラー

■■ヘルバトラー← ツンドラキー + ベビンゴサタン

バラモスブロス*1枚

バラモスブロス← ベリアル + スイートバッグ

■ベリアル← ミケまどう + ヘルバトラー

■■ヘルバトラー← ツンドラキー + ベビンゴサタン

キングヒドラ*1枚

キングヒドラ← ネクロバルサ + メカバーン

■ネクロバルサ← ガネーシャエビル+トロルキング

■メカバーン← キラーマジンガ + キングエレファント

■■キラーマジンガ← タイプG(キラーマシン系) + メタルキング

マッドスミス*2枚

マッドスミス← リビングデッド + くさった死体

ミケまどう*2枚

ミケまどう←ダークペルシャ←ベンガルクーン

ヘルバトラー*2枚

ヘルバトラー← ツンドラキー + ベビンゴサタン

ネクロバルサ*2枚

ネクロバルサ← ガネーシャエビル+トロルキング

グラコス*1枚

グラコス← レジェンドホース + バラモスブロス

■レジェンドホース←スターキメラアスタロト

■バラモスブロス← ベリアル + スイートバッグ

■■ベリアル← ミケまどう + ヘルバトラー

■■■ヘルバトラー← ツンドラキー + ベビンゴサタン

 

パックからのモンスター出現率

-参考:IKEドラクエ10攻略様-

 

前述した下記3タロットが枚数も多く、専用パックが必要だったりと難点になるはず。

 

  • ・ガネーシャエビル:4枚(出現率:13%)
  • ・セルゲイナス:3枚(出現率:14%)
  • ・おどるほうせき:7枚(出現率:0.6%・1.6%・3.5%)

 

ガネーシャエビル:4枚(出現率:13%)

ビーストパック専用

ビーストパック自体がレアパックであるものの、ビーストパックさえ入手できればなんとかなる出現率

13%51回タロットを入手(17パック)できれば90%oeverの確率で4枚手に入る計算となる。

 

セルゲイナス:3枚(出現率:14%)

デビルパック専用

ガネーシャエビルとほぼ同条件でパックが違うだけ。

14%51回タロットを入手(17パック)できれば90%oeverの確率で4枚手に入る計算となる。

 

おどるほうせき:7枚(出現率:0.6%・1.6%・3.5%)

問題はこいつ

 

まず出現率が、

  • ・ノーマル:0.6%
  • ・スライム・デビル・ビースト:1.6%
  • ・シルバー:3.5%

上記の模様。

 

先述した、先にデビル、ビーストパックの開封を各17回(合計34回)行ったとしたら、80%の確率で1枚以上入手できているため、

1枚は既に入手できていると仮定して残り6枚

 

シルバーパックも計算に含めるとめんどくさいので、残り6枚をノーマルパックからの入手と考えると、

1500枚(=パック数:500個)で約88%の人が6枚入手していることとなる…

 

ノーマルパックを500個入手する間に、デビルやビースト、シルバーも入手できることを考えると、大まかに考えてノーマルパック400個ぐらいかな?

 

結論

とりあえず開封しまくろう

おどるほうせきのために、タロットコイン巡りをしていたら、必然的にビーストパック・デビルパック、加えてシルバーパックも徐々に集まってくるはず。

ノーマルパック開封はタロットの圧迫で合成などめんどうな手間も増えるが、おどるほうせきの出現率の低さを考えると、コツコツ開け続けるしかない。