【DQ10-雑記】常闇・聖守護者の精神的障壁!?未経験者を沼に引き込むには! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】常闇・聖守護者の精神的障壁!?未経験者を沼に引き込むには!

【DQ10-雑記】常闇・聖守護者の精神的障壁!?未経験者を沼に引き込むには!
【DQ10-雑記】常闇・聖守護者の精神的障壁!?未経験者を沼に引き込むには!

【DQ10-雑記】常闇・聖守護者の精神的障壁!?未経験者を沼に引き込むには!

常闇・聖守護者に未経験者を参入させるにはどうしたらいいのか考えた記事!

ゴリラの経験も踏まえ、まず精神的な参加障壁(と装備による物理的障壁)から考えていく!

※1 後述の解決策では、自己による対策と、誘う側の解決策が乱立しています、ご注意ください。

※2 文章が長くなったので画像を先に貼っておきます。書いてることはほぼこれ。

 

 

精神的障壁

個人的志向

個人的な志向の話で、こういった高何度コンテンツに興味がない、おもしろさを感じ取れないという人もいると思う。そういった人はわざわざ挑戦する必要もないし、高難易度コンテンツの沼に引き込むのは、まずまず無理である。相手が挑戦したくなるのを無理強いせずに待とう!

 

おもしろくない

今回、ゴリラが記載する“おもしろくないは、本当におもしろくないのか”というもの。
ちょっとトライしてみたものの、おもしろくないパターンで、それ以降、消極的になってしまっているパターンもあるのではないかと思う。

個人的にな話だが、当WPにいる大地のワオキツネザルはレギロつまんない派で、ゴリラはレギロおもしろくなった派である。
ワオキツネザルの感想は、”死にまくるし、何がおもしろいのかわからん”というもので、実際ゴリラもそうだった。加えて、ワオキツネザルは占い師だったこともあり、割とひたすら攻撃のみしていたせいもあると思う(ここ重要 ※解決策は後述)

 

むずかしそう

むずかしそう…これがすべての元凶である。さらに、難しいコンテンツに行くやはり肉入り必須なのではないか…そうなると他のプレイヤーを探さねばならないが、そういったプレイヤーはこわい人が多いのではないだろうかなどなど…色々と考えるのではないだろうか。

むずかしいにも色々あると思うので、以下にもう少し細分化!

 

①装備集めるのめんどくさそう(※物理的障壁)

“むずかしいではなく、めんどくさそう”だけど、むずかしいコンテンツ→装備が必要→めんどくさいの流れでピックアップ(精神的要素でもあるが物理的障壁でもある)。

実際、結構めんどくさい

ジェルザークに魔法使いでいくとなると、ソポスのHP錬金&ブレス耐性が欲しいし、バトでいくにしても幻惑・混乱耐性がほしいし…難しいのが、当たらなければどうということはないパターンだったりもあり、やってるうちに、”この相手の攻撃は当たらないから耐性ちょっとぐらいなくてもいいや”とか気づいてくるのだけど(※つよさⅠなら。つよさⅡ以降は不明)、そもそも挑戦するか悩んでいる人は、戦えていないのだから、無論わからない。

 

②他の人の足を引っ張りそう

これはほぼほぼ最初はだれしも思うはず

いくら仲が良くても、負け続けると楽しくない場合もあるし、普段温厚な人がブチ切れボンバーになる可能性もあったりで、フレンド関係破壊にまで至る可能性も 0 ではない。

 

③怖い人いそう

実際いるだろう、しらんけど。

野良 + 聖守護とツイッター検索をかけると怖い人の話もでてくる。

 

解決策

解決策A:おもしろくない

やった感、貢献した感をもってもらう

これがいる。

前述した、ワオキツネザルのおもしろくなさは、おそらく、貢献を感じ取れていないのではないだろうかと推測する。

※書き方にちょっとトゲがあるけど、実際に活躍してなかったとしても、活躍したことにしなければならない(活躍できなかったのは事前説明不足だとか、誘った側が原因DAZO!)。

理由は、ゴリラも当初、レギロはおもしろくなかったから。

楽しく感じたのはつい最近で、①サポ構成による試行錯誤②サポ構成による討伐達成感③肉構成での討伐による、サポ構成の苦しさからの解放。この3つの要因が大きい。では、ワオキツネザルに楽しんでもらうには、一度③…と①かな、これらを体験してみてもらうのが大きいのではないかと思う(②は好きならやればいいが、聖守護は討伐することが目的であり、わざわざやる必要はないと考える)。

スイカに塩を振って楽しむように、敢えて苦しいことを体験することで、自分の立ち位置を確認してもらう作戦である!!!

 

解決策B:おもしろくない

上記の状況にならないため、

最初の段階でフォローしておく。

初参加の場合、自分がどの程度の貢献だったか、比較対象もないためわかりにくく、実際に貢献していたとしても、貢献していたことを感じ取れない場合がある(たとえ勝ったとしても)。どう貢献していたのか、詳しく伝えてあげることで、最初の段階でどう活躍できていたかを伝えてあげるのだ!

人間、貢献した、認められたということがないとやる気が出ないものなのだ!

 

解決策:むずかしそう

①解決策:装備集めるのめんどくさそう

これはがんばってもらうしかない

しかもどういった形でトライしたいのかで職や装備も変わるのがやっかい

大量の選択肢があるということは、それだけ様々な挑戦方法があるのだが、この選択が多いが故にどれが効率的か考えてしまうもの…

少しでも負荷を低減するのに、以下に一部リスト化…できそうならします★ミ

 

あとは…金策について提示してあげることかな。

この段階まで来ているプレイヤーなら金策方法についてはある程度把握しているだろうけど、効率的なものがあれば教えてあげよう!金策がはかどれば装備も集めやすい!エンドコンテンツへの挑戦権獲得も早まるぞ!

 

 

②解決策:他の人の足を引っ張りそう

これは…優良なフレンドを集めるorサポ構成しかない。

それに、このフレンドを見つけるが一番難しいことかもしれない…

※最終的に常闇でつよさ5・聖守護でつよさ3討伐を見越している場合、フレンドは必須

 

普段温厚なプレイヤーでも、高難易度となると人が変わる可能性もあるし、優良プレイヤーを見つけても時間が合うかわからない。じゃあルームを探すとなると、本当に大丈夫なのかとやはり探すのはめんどくさかったりと…

ある程度うまくなり、自信もつけばどのルームでも問題ないのだろうが、段階になると十分楽しめているだろうし…

良きフレンドを見つけるには時間をかけるしかない!時間をかけて信頼を築いていくのだ!!!

 

③解決策:怖い人いそう

いると思う

いまのところあったことないけど、ゴリラは会ってしまうところに行ってないから。最初のうちは、そういった人に会わないように動くことも重要!相手がおかしいとわかっていても、会ってしまうとどうしてもテンションが下がってしまうものだZO!

 

さいごに

色々書いたものの、状況によって千差万別なため、どの手段がフレンドをエンドコンテンツの沼に引き込めるベストな方法かは変わってくる。小さなところからいくとフレンドの性格もあるだろうし、フレンドのプレイ時間量なども関連してくる。

ただ、すべてのプレイヤーについて言えるが、楽しさを感じてくれないとやってくれないのだ。人を動かす場合は、利がなければ動かぬ…むずかしいことだけど、みんなもフレンドをエンドコンテンツの沼に引き込んでいこう!

 

余談

本記事の内容と正面衝突するけど、

人集めるだけなら、そのコンンテンツをクリアしている人や、もとからコンテンツに興味のある人&挑戦したいと思っている人探す方が早いでしょう。自分にストレスがかかる場合もありますが、挑戦&討伐だけを考えると最高効率だと思います。