【DQ10-48G】ゴリラ、Ver4.0をクリアす | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-48G】ゴリラ、Ver4.0をクリアす

【DQ10-48G】ゴリラ、Ver4.0をクリアす
【DQ10-48G】ゴリラ、Ver4.0をクリアす

【DQ10-48G】ゴリラ、Ver4.0をクリアす

本記事はVer4.0のネタばれを含みます!

ゴリラ、Ver4.1を進行する!

ひさしぶりのストーリー日記で、今回はVer4.1…ちなみにVer4.1は過去のグランゼドーラのお話となっていて、このあたりもストーリーはおもしろい…が、少しお話は悲しいぞ!

 

 

 

以下、

 

ストーリーダイジェスト

前回あらすじ

王立アルケミアに向かうことができるようになったゴリラたち。ゴリラたちが王立アルケミアに向かうと、そこには現所長のゾンゲが異形獣に襲われている最中だった。ゴリラたちはゾンゲを助けようとするものの、ゾンゲは疑心暗鬼になっており、ゴリラたちのことも命を狙う刺客だと思い込んでしまい話を聞いてくれなかった。

ゾンゲはそのままアルケミアの奥へと移動していったため、ゴリラたちも後を追うのであった。

 

 

王立アルケミアボス

特に問題なく討伐

 

王立アルケミアの最深部にて、異形獣ヘルゲゴーグ・烈の攻撃でゾンゲは命を落としてしまう。

ゾンゲの所持していた時の指針書を証拠に、エテーネの王であるドミネウスが、異形獣の犯人であると主張するも、ドミネウスは反論。逆にごりらがクオードを唆したと主張、ごりらは投獄される。

 

 

-投獄されたゴリラと別の囚人-

 

迷惑条例違反で捕まった模様

 

-連行されるゴリラ-

 

 

これまで、エテーネでは死罪の判決はなかったものの、今回を機に死罪足り得る法が施行されるとのことで、死に直面するゴリラ。

 

今回の法は、黄金が煮えたぎる窯に落ちる直前、牢獄の中でネコから入手した石を投げ入れるとゴールドマンが現れ、場は混乱する。

その機に乗じて、クオードとその部下が助けに。

 

ドミネウスが追ってくるも、クオードの部下、ディアンジが火炎瓶を投げ、ドミネウスの分断に成功するも、ドミネウスは火の中を平然と渡り歩いてくる。

なんとドミネウス本人ではなく、機械人形であった。

 

-自動人形ドミネウス戦-

相手の攻撃はおもしろい。強さは特に問題なし。

 

自動人形ドミネウスを倒したあと、本物のドミネウスを探すために時見の神殿へ。

時見の神殿最深部手前が非常にうっとうしいダンジョンになっているいるが、ゴリラ たちは無事踏破。

最深部にいたドミネウスは異形獣を使用し、人々からパワーを集めていた。

またその触媒の1つとしてメレアーデを利用していた。

メレアーデを救うために、クオードとゴリラはドミネウスへ戦いを挑む。

 

-ドミネウス戦-

まぁまぁ強いけど、回復を怠らなければ特に問題はないはず。

 

あると思っていたけど、ドミネウス2戦目。

つよい

会話しながら雑に戦っていたこともあるけど、3戦程度敗北してる。

攻撃が割と即死気味で、行動が早いため、回復が遅れるとやられる。

 

戦闘終了後に、Ver4で暗躍する相手が出現、ドミネウスが集めた生体パワーを回収していくと同時に、時見の神殿が崩壊。

ゴリラはキュルルのおかげで現代へと戻ってくることができた。

事の顛末を賢者ルシェンダに報告し、Ver4.0は終了。

 

さいごに

Ver4.0はながかった!

そして序盤は本当につらかった!

メレアーデがあんまりかわいくない問題から、シスコンのクオードにもチョロチョロイライラする、加えて未来感のある風景がなにせ受け付けなかった。
※メレアーデも話が進むにつれかわいく見えるようになるし、クオードもいいやつだとわかってくる。未来感のある風景も、王都キィンベルまで来たら良く感じるはず!

途中までは地獄のように感じたVer4.0だったけど、無事終了!

日記のストーリー進行はまだVer4.0だけど、実際のプレイングでは既にVer4.3もクリアして、すこぶる快調です!

はやくVer5で紋章も集めたいので引き続き、楽しみながらがんばります。