【DQ10-55G】ゴリラ、Ver4.2を進行す | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-55G】ゴリラ、Ver4.2を進行す

【DQ10-55G】ゴリラ、Ver4.2を進行す
【DQ10-55G】ゴリラ、Ver4.2を進行す

【DQ10-55G】ゴリラ、Ver4.2を進行す

Ver4.2の日記です!ネタばれ注意!

ゴリラ、Ver4.2に突入!

 

 

Ver4.2は古のオーグリード大陸の話となっており、DQ10において珍しく”青年”イケメン枠が登場するストーリーとなっている。
※ゴリラが忘れている可能性もあるけど

※青年イケメン枠は…ストーリーだとこの時点で実質初なのかな?青年の年齢帯でストーリーに登場したのはVer2.0のクロウズぐらいの印象で、ストーリー以外だとスキルマスターとその仲間達がイケメン造形での登場かな?スキルマスターたちもいちおうストーリーにいるけども…個人的に美女、幼女、少年枠が多いイメージ

 

 

ストーリー

ストーリーでオーガ選択者なら最初に悪さをするボスで知っての通りだが、この悪鬼ゾンガロンは過去に封印されていた凶悪なモンスターだった。今回も黒衣の剣士が暗躍。彼が封印を解いたことを発端に、ストーリーは展開していく。

-ゾンガロンの封印を解く黒衣の剣士-

 

 

-ゾンガロンの説明テロップ-

オーガを使役…している模様。

今回はこのゾンガロン攻略するために過去のオーグリード大陸に渡り、攻略方法を見つけ出してくることがゴリラの使命。

 

過去に飛ぶと、そこはオルセコ闘技場だった。

オルセコ闘技場ではギルガラン王子(ゴツい方)グリエ王子

 

グリエより、ギルガラン が色々と起こした問題の後始末を頼まれるゴリラ…ただ、ギルガラン自身も、何か考えがあって行動していた模様。一通りの問題を片づけた後、オルセコ闘技場の舞台へあがると、鬼人兵たちが出現。

 

特に問題なく討伐。

 

-鬼岩城-

 

ギルガランは単身、鬼岩城に乗り込んだ様子。

 

オーガたちも料理をする模様…だが…そもそも鬼岩城はドランド王国の居城であり、ドランド王国に住むオーガたちがいた。そのオーガたちが変異させられた姿が鬼人兵という状況。

 

途中、Ver4にでてきた、自分の姿と同じ影と黒猫に導かれ最深部へ。

 

-狂鬼ドランド公-

特に問題なく討伐。

ギルガランつよい。

 

戦闘終了後、ゾンガロンが現れるのだが、装備の腕輪と、ギルガランが墓から入手していたラーの鏡により、ゾンガロンはオルセコ王国、先代の王であるゾルトグリンであることが判明。

ゾルドグリンはつよさを求めた結果だと、ギルガランに答え去っていった。

 

結局、ゾンガロンを倒す方法がわからず為すすべのない状況であったが、逆に現代に戻り、過去のゾンガロンがどのように討伐されたか調査するために現代へ。オルセコ王国の大臣であるムニュは日々、記録を取っているとの情報を入手し、彼女の日誌を探した。

ゾンガロンの封印のためにギルガランは命を失い、またその封印の発動までに100年の歳月がかかっていた模様。封印される100年のあいだにもゾンガロンは悪行を重ね、多くのオーガの命が失われたとの記録だった。

 

またもどうしようもない状況に陥ったのだが、オルセコ闘技場にグリエの子孫であるというオーガが。
※最初にオルセコ闘技場へ来たとき、ただのモブキャラかと思ったら、ちゃんと役割があった★ミ

彼からグリンが遺したアイテムを入手する。

 

グレン城へ戻ると、グレン城の空中にあった繭から原獣プレゴーグが出現。
※戦闘がありますが写真撮り忘れ、特に苦戦していない

プレゴーグにとどめをさしたのは悪鬼ゾンガロンで、繭から生まれたモンスターすら食べてエネルギーとしてしまったのだ。

 

ムニュ大臣の記録から得た情報をバグド王たちに報告。

 

今一度、グリエ遺したアイテムを持ち、過去へと渡ることとなった。

 

さいごに

序盤はギルガランの傍若無人なふるまいではあるが、徐々に彼なりの考えがあっての行動であったり、王である責務ゆえの悩みであったことなど、徐々に判明してくるストーリーでおもしろかった。また個人的にギルガランの造形が好きなのも、ストーリーへの没入を深めてくれたかな。

 

ちょっとだけ気になってるのが、ギルガラン、FGOのオジマンディアスに似てね…?