【DQ10-雑記】(クソ記事)高難易度コンテンツで使える文例! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】(クソ記事)高難易度コンテンツで使える文例!

【DQ10-雑記】(クソ記事)高難易度コンテンツで使える文例!
【DQ10-雑記】(クソ記事)高難易度コンテンツで使える文例!

【DQ10-雑記】(クソ記事)高難易度コンテンツで使える文例!

今日は高難易度コンテンツで使える

登録しておきたい文例を紹介するぞ!

文例

(勝利時)
・敗北を知りたい
・ザコガッ!
(敗北&次回トライ時)
・ちょっと腕にオモリつけてた
・四捨五入したら勝ってる
・内容は勝ってた

(やめるとき)
・今日のところは勘弁しといたるわ

 

敗北を知りたい(勝利時)

勝った時はやはり戦力の誇示していくは大事

相手に圧倒的な差があったことを知らしめるためにもこの一文を伝えておきたい。モンスターたちもこの一言を聞くことで、次回対戦時にモンスターは怯えた状態で出現するだろう。

 

ザコガッ!(勝利時)

敗北を知りたいと同様、
圧倒的戦力差で勝利したことを示す文章

ここで注意したいのが、4人中1人しか生き残っていないだとか、もう完全に負けてたという状態であっても、この文章は使用しておきたい。苦しかった勝負だと思うと、次回挑戦が嫌になるかもしれないため、今回も圧倒的勝利だったと思い込むことで、次回も余裕を持った状態で戦闘に臨める、精神的負荷を下げる効果もある魔法の言葉なのである。

 

ちょっと腕にオモリつけてた(敗北時)

高難易度に挑戦し敗北したらテンションは下がる。

ただ、この文章を発するだけで、PTメンバーが”あ、この人重りつけてたのか。重りはずしたら勝てるわ…!”となり、戦意高揚につながる。また戦闘中になにかミスをしていたとしても、”あ、この人重りつけてたのか。ならミスってもしょうがないわ…!”となるため、隙がない文章となっている。

 

四捨五入したら勝ってる&内容は勝ってた(敗北時)

モンスターは1ターンに1-2回行動や、もうあきらかに避けれへんやん攻撃をしてきたり、ヒットしたら即死やん、といった攻撃を繰り出してくる。そんなモンスターたちにプレイヤーは1ターン1ターンの積み重ねで勝利をつかみ取るのだ。勝負内容では勝っているため、しっかり言葉にすることで、自分だけでなくPTの戦意高揚につなげていきたい。

 

今日のところは勘弁しといたるわ(やめるとき)

今日はそろそろ戦うのやめておこうという時に使用。

相手はモンスターといえど、やはり痛みは感じていることに配慮した心優しき文言。相手のモンスターもプレイヤーの心の寛大さに心の中で泣いているだろう。