【DQ10-雑記】翠将鬼ジェルザーク つよさ3サポ討伐! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】翠将鬼ジェルザーク つよさ3サポ討伐!

【DQ10-雑記】翠将鬼ジェルザーク つよさ3サポ討伐!
【DQ10-雑記】翠将鬼ジェルザーク つよさ3サポ討伐!

【DQ10-雑記】翠将鬼ジェルザーク つよさ3サポ討伐!

討伐記事ですが、効率的な討伐方法かは不明

ジェルザークつよさ3サポ討伐!

ごりらの立ち回りとサポートたちの紹介!

-前回記事-

 

 

構成とごりらの耐性&宝珠(一部)等

構成とアイテム

  • ・ムチまも(さぽ):耐性-眠混転踊幻100%ブレス46%
  • ・ムチまも(さぽ):耐性-眠混転踊幻100%ブレス40%↑?
  • ・モーモン(ペット):耐性-眠混封転100%ブレス94%踊90%
  • ・僧侶(ごりら):耐性-眠混封転踊ブレス100%

 

・せいれいの霊薬

※せいれいの霊薬*4個とスピリットゾーンでなんとかなりそう。
ようせいの霊薬なら6個(まもに各3個ずつ)必要。

・フワフワわたあめ

 

宝珠(一部)

  • ・スカラ詠唱UP-Lv4
  • ・フバーハ詠唱速度UP-Lv4
  • ・忍耐のMP回復-Lv5

他のサイトで紹介されていない可能性があるものだけ紹介。

復讐の聖女はつけてたかな…ただ快調に進めると、サポが死ぬ回数はそこまで多くないかな。

フバーハとスカラをガチガチに使用するので採用。

もちろんベホマラーとザオラル詠唱速度UPなど基本的なものは上げている。

 

使用とくぎと呪文

  • ・聖女の守り
  • ・フバーハ
  • ・スクルト
  • ・ザオラル
  • ・ファランクス(アイギス)
  • ・ホップスティック
  • ・ベホマラー
  • ・やいばの防御
  • ・天使のまもり

上から順番に使用頻度高いかな…?

たぶん特殊なプレイングの可能性があるのが、①女神の祝福、②ホップスティック、③やいば。実は女神の祝福はつかいこなせずほぼ使用なし。女神の祝福だと聖女の守りの有無が見えないため、管理できないので聖女を使用。

ホップスティック1回目は聖女とフバーハ1段階かけたあたりで使用してた。ホップスティック使用したのにすぐ死なれるのが嫌だったので。2回目以降はある程度余裕あるときに使用できるはず。

あと③やいばは、使用するときとしないときをわけてたかな。本来やいば受け必須なのが爆裂の計だけど、聖女バフあり→モーモンの動きに余裕ある→すぐに自分に聖女掛けなおしで回復はモーモンを信じる動き。やいば受けした方がターン数かからないと思うのだけど、若干動けない時間が長いので、聖女かけなおしパターンがごりらは好き。

 

まも装備とステータス

攻撃力と死神のピアス、怪人倍率UPのサポートさん(もう1人のステータス撮り忘れ。もう名前でてるけど、ラビットまるさんはジェル用まもで何回か雇用したこともあり常に放置してくれてるかも?ナッツさんは初雇用かも。)

 

モーモン装備とステータス

ちょうどモンスター闘技場でポイントあるからエンブレムつけておいた。絆でバイキルト・聖女・弓聖の守りだったかな?装備枠空いてるからつけとこうの精神でつけておいた。

 

前回との違い

①サポまもを攻撃振り
※死神のピアス+怪人ベルト
②ベホマラーではなく聖女とフバーハ優先
③絆のエンブレム(どの程度変わったか不明)

正直これが非常に大きかった

いままでまったく勝てるビジョンがなかったものの、プレイ途中でサポを変えたことと、回復をモーモンに任せたら“アレ、いけそうじゃない?”となりそのまま敢行。

いままで負けていたのは完全に火力が足りていなかった模様

※逆に耐性はちょっとゆるめでも勝てる

③と④は効果のほどは不明。天使は…なんかあまり

 

僧侶をする上での個人的なポイント

  • ・バフ管理
  • ・味方サポの動作

本職が僧侶なのか問われたら怪しいので、これが正解かは不明だけど、高難易度プレイ中はバフ管理と味方サポの動きを見てとくぎ・呪文を選択してるかな。ベホマラーのモーションに入ってたらとくぎや別を呪文選択とか。

バフ管理バフアイコンととくぎを選択(※聖女のまもりをクリックして、マークが消えてたら掛けなおしはもちろんだけど、他のサポも消えそうだなと感づける)してチェック。正直、時間単位ではガッチリ管理してるわけじゃなくて1人が時間で切れたら他の人も掛けなおししてる。あとアイコンの点滅が確認できたらもちろん掛けなおし(アイコン表示バグとかあるみたい)。

もちろん動作が忙しいときもあるから、見落としがあったりなので、切れたらまずいバフを優先してチェック!
※僧侶でジェル戦なら聖女

正直、今回のジェル戦ではフバーハの管理まではできてなくて、聖女きれてない→ラピッドステッキで早詠みついてる→とりあえずフバーハ延長みたいな感じ。

 

ジェルザークたちの行動

ジェルソルジャー

リミットマグマを止められる火力がほしい。

具体的な数値があるわけではないが、ごりらが採用したサポまもさんたちは攻撃力700over+死神のピアス+怪人ベルト所持+HP700以上である。

つよさ3のサポ討伐だと、HPと耐性で生存能力をあげるより、死神のピアスでワンチャンスに懸けてねじ切る方がいいかも。ウォークライとバイキ2段階状態だと1人で止めてくれる場合もある。

また、リミットマグマの発生が止められそうにない場合は、自分だけでもいいので画面端に寄って、マグマがあっても困らない位置にマグマを設置すること。

マグマは3つ発生するため、75%の確率で1つは端へと寄ってくれる。25%を引いたら絶望しよう!

 

 

ジェルザーク

禍々しきはどうに当たるとバフが解除されるので注意。横幅が視覚情報より広い気がする。

禍々しきはどうがあたったサポがいるならすぐに聖女やフバーハのかけなおし。

よくある絶望パターンが、禍々しきはどう被弾→爆裂の計によるコンボDEAD

 

 

OOT(おぞましいおたけびタイム)

範囲は広い、呪われる、封印まであると刺さると詰んでしまう絶望の攻撃。いっそ即死してモーモンに回復してもらうことを祈った方がいいまである。

※ごりらは封印耐性はなぜかあったので呪われることはあっても封印はされず戦えました

 

攻撃が非常に苛烈に

ここからはほぼ運で展開が異なる。サポが”おぞおた”でふきとばされ、ダウン中にソルジャーのジェルハザードに刺さって死ぬなど、理不尽な死に方がより増える。リミットマグマをしているソルジャーを殴るよりザークを殴って欲しいと思いながらのプレイ時間になる。

 

  ごりら立ちまわり

序盤はフバーハ、ただ早読みがないのでなにせ詠唱が遅い。死なないと判断したらすぐにフバーハを使用していくが、爆裂の計を序盤から多めに使用されたりすると壊滅する。ただ、明らかに壊滅パターン以外は割と立て直せるので、すぐあきらめずにちょっと我慢してプレイすることをオススメしたい。

HP50%到達までだいたい6割程度の確率でいける。

最短で4分50秒程度でHP50%に到達、6分以内にはHP50%までは割と到達できる

 

ここからが鬼門

おぞましいおたけびの範囲が広く、ちょっと甘えるとすぐに被弾しそのままDEADするため、なにかあってもすぐに聖女をかけなおせるように、サポの後ろに陣取りたい。サポの後ろを陣取れない場合ももちろんあるので、なにせ“おぞおた”を避けられる距離と行動が大事。

迅雷ももちろんやばく、ガンガンHPが削られる。余裕があればひっさつをした場面もあった(討伐成功した回は使ったかわすれましたのと、モーションになにせ時間がかかる&まわりが見えないで超リスクが高いのでそもそも不使用が定石だと思う)が、ベホマラー乱射で耐え忍ぶか、デッドした瞬間に復活させていた気がする。あまり覚えていない。

 

 

さいごに

勝ててよかった…!

画像わすれたけど討伐時間は12分ちょっとだったかな?50%まで4分55秒あたりで、HP25%は8分経過あたり。ここから討伐までの4分間が地獄だった。

挑戦時間は約1時間ちょっと。

今回は、前回と異なり惰性でそのままモーモンを採択したこと+モーモンに回復をほぼ任せてフバーハしたことが1つめの勝因で、2つめの勝因が、ピアスと怪人ベルトで攻撃力をマシマシにしたことだと思う。サポ僧侶雇うのめんどくさかったのが功を奏した…!

最初は耐性モリモリのサポを借りており、戦闘の途中でムチまものMPの減り具合が違うことに気づく。DEAD具合でMPの減りも変わるものの、片方が明らかに減りが少ないので、たぶんピアス装備有無だろうなと思いピアスと怪人ベルトの攻撃振りサポに変更。ここからは急激にジェルザークのHP50%到達までが増え、これイケるのでは?となりそのまま討伐できた流れ。

HP25%切って、ピオラ2段階状態からはほんとに凶悪だった。翠将の喝破とおぞましいおたけびで近づけない場面やサポが吹きとばされたり、行動間隔が早まっているせいでなにせ攻撃が苛烈。

ただ、HP50%とHP25%をある程度いけるな~っていうところまできたらもう討伐は目前!あとはトライ回数と運だから、頑張ってやってみよう!