【DQW-検証】バイシオンについて | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQW-検証】バイシオンについて

【DQW-検証】バイシオンについて
【DQW-検証】バイシオンについて

【DQW-検証】バイシオンについて

バイシオンについて

あとがき

いきなりあとがきからだけど、色々書いているうちに迷走し始めたバイシオン記事。結局個人の装備や状況によるから一概に言えないって答えに(なんでこの記事を書いてるのって理由が、ドラゴンロッドがつよいつよい言われてほんとに?っと疑問があったところが出発点。今回、ドラゴンロッドのつよさについては言及してないけど)。

バイシオンってどんなものなのか、自分の中で使える状況だとか考えたつもりなので、生暖かい目で見てくれたらうれしい記事。

 

 バイシオン概要

消費MP 14
効果 仲間ひとりの こうげき力を上げる
実際の増加値 物理攻撃力20%上昇
おそらく通常攻撃ダメージに1.2倍
2掛けの場合1.4倍

※実際の増加値、ソース見失いました。たぶんあってる…はず。

 

バイシオンが有効な場面・メリット

  1. 物理アタッカーがある程度強力なとくぎを所持している
  2. 戦闘がある程度長引く場面(BOSS・メガモンスター)
  3. 初ターンだけバイシオンで序盤のみの攻撃力UP
  4. きあいためがあればより輝く☆彡
  5. 試練の扉スコアリング(オーバーキルダメージ狙い)

 

1. 物理アタッカーがある程度強力なとくぎを所持している

→バイシオンを使用できるのが魔法使い(とドラゴンロッド装備者)のみであるため、魔法使いが攻撃した方がダメージが出る場合は必要性なし(※MP的にな問題は…きあいため程大きくないため+加えて魔法使いor僧侶でそこまで困ることはないため無視)。

 

 

2. 戦闘がある程度長引く場面(BOSS・メガモンスター)

→1.と若干被るものの、おそらく使用場面は基本的にBOSSやメガモンスターなど対高HPモンスターが中心になるはず。長引けば長引く程バイシオンによってダメージ効率があがる。

 

3. 1ターン目だけバイシオンで序盤のみ攻撃力UP

→後半はバイシオンをかける余裕がない&物理アタッカーの方が火力が優秀な場合、一時的にトータル火力アップ

 

4.きあいためとの複合

→きあいため所持者より早く行動できる場合、2ターン目でバイシオン2掛けを使用できる

 

5.試練の扉スコアリング(オーバーキルダメージ狙い)

→割愛

 

いくつか考えられそうなことを書いたものの、やっぱり”ボス戦・メガモンスター戦での使用“がすべてになりそう(ほかにも用途あれば是非)。

3つ目とかもボス戦での活躍だし…。

 

本当にトータル火力上がってるの問題

個々人の所有武器(と一部状況)による

当たり前のことだけど先に結論から言うと基本的には所持武器による。

 

※1-メガモンスターなど、バイシオンをかけ続けられる余裕がある戦闘では非常に有用

→1度掛けただけでは増加率が20%で、魔法使いの攻撃の代わりに前衛職の攻撃へと単純に代用したと考えられる

※2-3章10話のようになんとしてもキラーマシン1体を処理したいとかの場合も有用

→物理アタッカーの方が高い単体火力持ち武器が多い

 

ロト剣、黄竜のツメ持ちならほぼほぼ掛けておいて損はないと思う。

 

所感

個人的に、

“追憶の賢者その3″のような難易度の場合にバイシオンがどこまで活躍できるのかで、バイシオンの重要性がより変わりそう(ゴリラは当時、”その2“でぼこられてその3の難易度は未体験)。ただ、クリアを優先するなら基本的に”いやしの風*2人”構成の方が安定性が増すのではとも。(ただ、バイシオンで与ダメージを増やすことは被ダメリスク、会心の一撃をもらう確率も減少)

防具の重要性もツイッターで出始めてるし、バイシオンだけのつよさに着目することはそもそもおかしかった。最初に書いた通り結局個人の状況としかいえないよね…。ダラダラとここまで書いたものの、その時々の自分に適した装備やとくぎの準備、考えることを楽しむことが大事だとおもいました😇