【DQ10-雑記】夢幻魔王の勲章のステータスを見てみよう! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】夢幻魔王の勲章のステータスを見てみよう!

【DQ10-雑記】夢幻魔王の勲章のステータスを見てみよう!
【DQ10-雑記】夢幻魔王の勲章のステータスを見てみよう!

【DQ10-雑記】夢幻魔王の勲章のステータスを見てみよう!

ムドーがコインボスとして登場したので数値みてみたよ記事!

ごりらのサイトにしては珍しく最新情報に着手だ!

戦闘については他の人も大量に上げていると思われるので本記事ではなし!

 

夢幻の勲章の数値

-参考ツイート-

 

 

所感と用途

各コンテンツでの必要性については、

“HPの必要有無”かつ”テンション上昇が見込めるか”が焦点

になりそう。

 

テンション上昇が見込めるコンテンツって、

万魔(機神の眼光装備)、ピラミッド、防衛軍、ガルドドン、レギロあたりになるのかな。ピラミッドは大した難易度じゃないし、万魔とガルドドン、レギロあたりになるのかな~。ガルドドンで、プロセルピナ(味方死亡時テンションUP5%)、宝珠テンション共有(5%)・復讐のテンションUP(味方死亡時テンションUP15%)つけると、行動時テンション消費なし(4.5%=1.5%*3)も光るようになりそう。

 

ここまで書いたけど、

元々魔人の勲章がいた場所を

上位互換である夢幻の勲章が

とって代わっただけとも言えるな…!

 

余談

ガルドドン戦は本当にドルモーアを使用し続けるため、HPから行動回数を逆算してみる。

色々計算したけど、数値があやしい&途中であれもこれもと足してるためただでさえ怪しい数値がよりあやしく

本当にザックリ計算すると、つよさ1でHP270,000。

攻撃魔法1発1,500ダメージ(ドルモーアやドルマドン、イオマータの平均…のつもり)と仮定しても180回の攻撃が必要で、賢者1人あたり90回の行動をとることに。90回は行動するとなると、行動だけでテンションUPは4回発生(※60%以上で)していることになる。

あとは何回、メンバーが死ぬかによって復讐のテンションが発動するかによるのだけど…ちょっと予想がつかないので適当に20回と仮定すると、復讐のテンションアップでは3回のテンションUPが発生。

合計7回か…テンションリンクはPTメンバーのだれかがテンションアップしたら抽選してくれてるだろうから…1-2回ぐらいは発生してるかなぁ。

全てのテンションアップを合計したら約10回、その10回で行動時テンション消費しない確率4.5%だから…0-1回ぐらいの確率でテンションを消費しないことに。

夢幻単体で見ると、賢者1人あたりの5回分ぐらいのテンションアップ+700ダメージ(魔物へのダメージ70*10回)の増加に。そういえばプロセルピナで味方死亡時5%でテンションアップの場合も…

さらにこれ、ガナン帝国の呪文暴走率1.0%が加味されてなくて、夢幻の勲章によるダメージアップがどれぐらい見込めるかが…

頭痛いのでここで終えておきます。

 

一般的な戦闘においては、ガナン帝国の勲章は合成効果も含め、HP+19は魅力的。わからない時はとりあえずガナン帝国をつけていれば良いが、行動時の5%でためるも、発動すればやはり高威力なので、死なないからとりあえず火力が欲しい時は夢幻という形に。余談だけど、ごりらは魔人の勲章が結構好きで割と使用していたので、夢幻の勲章もボチボチ使用していく予定。

 

きようさについて

いつも忘れてしまうが、レボルスライサー真・やいばくだきの効果発生はきようさ依存となっている模様(レボルスライサーの場合は攻撃が与えられないとそもそも発生しないため、攻撃力の値の方が大事かもしれないが)。

また渋いところとして、魔法使いの”暴走魔法陣”確定して魔法が暴走するかどうかの際に、重要になってくる。

いちおう、きようさについても項目を設けたが、前述しているように特定のコンテンツで活躍できるアクセサリーであるため、わからなければガナン帝国、攻撃寄りにしたければ夢幻でよさそう。

 

よもやま話

ついでなので、いまさらながらガナン帝国についても調べてみた。

ガナン帝国とは

【暗黒皇帝ガナサダイ】が率いる国家で【エルギオス】の天使の力を利用し、【闇竜バルボロス】を配下に加え、武力による世界征服を目指していた。別名、魔帝国ガナン。

DQ9の国の1つの模様。DQ9はまったく触っていないため、内容については本当にわからないのだが、攻略チャートを見たところ、終盤にギュメイ将軍やゴレオン将軍などの名前と、ガナン帝国の文字が記載されていたのでラスボス直前の強敵である模様。

 

ムドーとは

おじさんプレイヤーたちにはご存知ムドーさん。ごりらもDQ6をプレイしたときに、ムドー(偽)で詰んでやめ、ムドー(真)で詰んで一度辞めと、ムドーのおかげで2度もDQ6のプレイを断念した経緯がある。

特にムドー(真)は本当につよく、ほのおのツメのメラミとハッサンの正拳突きをひたすら連射した思い出がある、魔のボスである。

余談だが、ムドーはDQ6のラスボスであるデスタムーアの配下で、ムドー、ジャミラス、グラコス、デュランが似たようなポジションとしている。