【DQ10-雑記】ごりらの仲間モンスターたちの紹介! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】ごりらの仲間モンスターたちの紹介!

【DQ10-雑記】ごりらの仲間モンスターたちの紹介!
【DQ10-雑記】ごりらの仲間モンスターたちの紹介!

【DQ10-雑記】ごりらの仲間モンスターたちの紹介!

 

今日はごりらの相棒たちを紹介するぞ!

モンスター格闘場や聖守護で活躍するナイスなモンスターたちだ!

 

モーモン

名前はダンボールで17歳のモーモン。

最近、倉庫を圧迫していたレアカラー券を使用してもらいクイーンモーモン色に。

名前の由来は特にない。

ジェルザークつよさ3では、当初はレギュラーPTに入れていなかったが(すばやさ低くて使いこなせていなかった)、

こちらで少し対応を変えれば活躍、討伐まで貢献してくれたナウい仲間モンスター。

 

装備品

  • ・武器:スティック(ルネッサンス)
  • ・盾 :ブルームシールド
  • ・防具:カテドラル(呪文速度18%)
  • ・アクセ:HP盛り

武器はごりらの装備流用品のルネッサンスステッキ(呪文速度6%)。

ルネッサンスステッキのザオラル射程延長の使い勝手のよさから抜け出せず、モーモンにもそのまま装備させている。

盾ももちろん流用品で、ブルームシールド。ブレス用途以外のボスでもブルームシールドしか装備していないため、いい加減別の盾も入手した方がいいのだが、ゴールド不足で購入できずにいる。カテドラルももちろん流用。

 

キラーマシン

名前はバナナマシン。

モンスター格闘場専属モンスター。真マヒャド斬りで一世を風靡したころに育成された。

ごりらは格闘場で操作モンスターに選んでおり、おもさがかなりあるのか、だいたいのモンスターを押し込んでくれる。

範囲火力はやはりキラーパンサーややみしばりの方があるものの、相撲ができる&単体火力では悪くないため重宝している。

聖守護者とかでつかえないのか気になるところ。

 

リザードマン

ガルドドンで使えるという記事をみつけて最近がんばってLvをあげた。

ただ、その記事をきちんと見ていなかったのが悪かったのだが、雷耐性100%をつけて殴り倒していたようで、盾で雷、上半身で雷と、取得難易度が非常に高いため、現在は牧場で放牧されている。

ガルドドンのサポ討伐の夢をあきらめたわけではなく、ゼルメアに頑張って潜っている。

 

ドラキー

名前はドルママシンで闇魔法に特化した厨2系モンスター。

リザードマン同様、ガルドドン用に育成した。

こちらはどちらかいうと、肉PT用として育成したものの、肉2でガルドドンにトライしておらずまだ日の目をみていない哀しきモンスター。

 

キラーパンサー

おそらく2番目にレベルMAXになった古参モンスター。竜牙石あつめのために育成され、現在は格闘場専属モンスター。

竜牙石集めの効率は非常に高いものの、プレイヤーと違い、モンスターは宝珠がないためMPがモリモリ減っていくので若干注意が必要。

MP枯渇がはやいため、レギロでも選択率はひくく、たまには散歩させてやるかと連れ出される程度となっている。

 

キメラ

おそらく1番最初にレベルMAXになった最古参モンスター。

ごりらはいまでこそ僧侶のプレイも多いが、過去は本当にまものつかいや武闘家の育成でなにせ回復職がいなかったためキメラを育てようと決意した。残念なことに、旅芸人のつよさに気づいてしまったことで、キメラを冒険に連れて行く機会はほぼなかったのだが。

モンスター格闘場(と聖守護者枠)で活躍。

聖守護者枠では、キラーパンサーと同様にたまに対レギロで採用されているものの、キラーパンサーと同じく、MP枯渇問題があるため天地が採択される場合が多い。じゃあなんで採択されるのってやっぱり散歩で、たまには違う構成でプレイしたいときに連れ出される。

 

やみしばり

名前はキモティー。

やみでしばる側なのかしばられている側なのかわからない系モンスター。

まだ育成段階なのだが、モンスター格闘場で一度借りてから、範囲攻撃にザオラルとめちゃ優秀なのではと気づき育成に着手。現在の構成である、キラーマシン・キラーパンサー・モーモン・やみしばり(フレ枠)で、個人的には完成しているが、新しい枠組みを考えるときに候補として育てている。