【DQ10-雑記】サポートのすゝめ!サポートで学ぶ聖守護者! | 森のあらくれたち-DQWとDQ10
魔法少女ゴリラマギカ-チームメンバー募集中

【DQ10-雑記】サポートのすゝめ!サポートで学ぶ聖守護者!

【DQ10-雑記】サポートのすゝめ!サポートで学ぶ聖守護者!
【DQ10-雑記】サポートのすゝめ!サポートで学ぶ聖守護者!

【DQ10-雑記】サポートのすゝめ!サポートで学ぶ聖守護者!

ご存知、ごりらは割とサポート討伐が好きで、肉構成でも聖守護者をプレイするが、サポートでもプレイしている(最近はサポで倒したい聖守護者は概ね倒せてお休み中だけど)。今回はなぜごりらがサポート討伐をするのかと、サポート討伐によるメリットを紹介するぞ!

 

ごりらがサポ構成でプレイした理由

誘う人がいなかった

聖守護者を始めた当初、最も大きな理由がこれだった。

聖守護者開始時期、ごりらには聖守護者をともにプレイする人が少なく、プレイしている人で挑戦初期状態の人はほぼ皆無。

いないことはなかったが、乗り気ではなかったり、マウントとられ気味でムカつくこともチラチラあったが…これは後述します。

 

ギャフンといわせたろ

2つ目に大きな理由がこれ。

挑戦開始当時、若干マウントとられてムカついたことがあり(ほかにもほんとうに色々あった…)、難しいといわれるサポート討伐に執心したのだ(難しいというか、運の要素が強く、自分の実力で勝率を少しずつ上げていくのがサポート討伐かなと思う。あと自分1人での討伐のため、討伐の達成感は非常に大きい)。

やはり負の感情は原動力としてつよい。

 

だれにも迷惑をかけない

後付け的な理由ではあったが、だれにも迷惑をかけないこともよかった。

攻略方法が確立されているモンスターであるため、基本的には覚えて反復すれば概ね誰しも倒せる敵ではあるのだろうが、自分の成長スピードに合わせて、自分でプレイできる。

 

サポ構成でのメリット

敵の行動を覚えられる

おそらく最も大きなメリットがこれ。自分でプレイしボコボコにされることで徐々にモンスターのことを理解できるようになる。

現時点でサポート討伐が概ね容易なのが、レギロラッゾ・スコルパイド・ジェルザークで、これら3体についてはサポでトライすることで学習&勝利までできるぞ!

ガルドドンも装備を整えることが難しそうだが、準備さえできればサポート討伐も十分見込めそう!

倒せる、倒せないに関わらずトライして様子を見ることは一番相手を知るのに有効だと思われる。ただ、挑戦初期状態の人であれば、倒せない敵と戦い続けるより、倒せる敵である方がモチベーション上、良いと判断しています。

 

サポートは文句を言わない

サポートは励ましてくれないが、文句も言わずにプレイヤーに付き添ってくれる。

相棒である。

 

好きなだけプレイできる

効率的かは別として、自分が望めばどこまでも付き合ってくれるぞ!

ごりらもさそり1の時は数時間、籠り続けたことがあった。

 

サポートは(概ね)いつでも借りられる

概ねいつでも借りることができる!

この概ねというのは、つよさ1なら割と適当なサポートでも十分勝てるのだが、ジェル3やさそり2において、適当なサポートを選んだ時点で、勝つことが非常に苦しくなる。サポートを借りる際に、3つまで耐性を指定できるが、望んでいる耐性保持者、かつステータスが高いサポートを見つけることはなかなか難しいのだ。

これはサポート討伐のために何度も検索していると慣れてくるぞ。